出展のお知らせ

0

    令和元年最後の出展となります


    第36回 京都・陜西 書画合同展

    会期:2019年11月8日(金)〜11月10日(日)
       10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
    会場:京都文化博物館5階


    日中書画芸術の交流、発展のため
    京都と陜西で隔年ごとに開催される展覧会です

    香り立つ日中の書画芸術の精華をお楽しみください

    また若手育成のための学生書法合同展も同時開催
    日中書画の未来を担う若いパワー溢れる作品も見応えあります


    8日(金)午前中
    9日(土)午後
    10日(日)15時〜

    会場在中予定です
     

    ぜひご高覧ください!!


    私と筆とコンピュータ

    0

      神無月31日

      少々緊張した面持ちで向かったのは

      日本最初のコンピュータ教育機関である

       

      【京都コンピュータ学院】

       

       

      自分自身を”機械音痴”と認識しているため

      今までは自分から近づくことのない場所だった

       

      パソコンや携帯電話の導入も人よりかなり遅く

      いつまでたっても操作に不慣れで

      このブログもやっとこさ書いている(^^;)

       

       

      そんな私がなんで京都コンピュータ学院へ向かうことになったのか…

       

      【空中書道体験】これが目的

       

      院内に開設されている【未来環境ラボ】

      京都コンピュータ学院と京都情報大学院大学と日本ユニシス総合技術研究所が

      次代を担うIT人材を育成するために共同で開設した共同研究のハブで

      こちらの研究員である坂本啓法さんが遠隔で書道ができるシステムを開発

       

      この学院の産官学連携推進センター事務局長 橋本 昇さんからのご紹介で

      坂本さんの空中書道システムを書家として体験することになった

       

       

      体験に先立って学院内を案内していただく

       

      ここには分散コンピュータ博物館の全国第一号の認定を受けた

      KCGコンピュータミュージアムがあり過去の貴重な機器が多数保存されている

       

       

       

      カードパンチ機

       

       

      コンピュータは近代の産物と思っていたが

      私が生まれる以前から機能しているものがたくさん。。。

       

      何が必要性を持たせ機器や技術を進化させたのか

      違う角度からの解説がオモシロイ

       

       

       

      そして体験へ

       

      まずは開発者の坂本さんから説明を受け

       

       

       

      実際に挑戦してみる

      最初は距離感や力加減などに手間取っていたが

      コツをつかむと文字が書けるように

       

      【花鳥風月】を書いてみる

       

       

       

       

      書いた文字は楷書体でなくともコンピュータが認識

       

      す、すごい!

       

       

      普段の字を書く感覚とは違うものの

      さまざまなシーンで活用、応用が出来そうな気がする

       

      遠隔操作のパフォーマンスも面白いかも

       

       

       

      最後はMRを体験

       

       

      重かった(^^;)

       

      でも知らない世界を垣間見させていただいて

      すごい興味を持てたことは私なりの進歩(笑)

       

       

      書とコンピュータのコラボレーションやパフォーマンス

      これから出来ること視野に入れること

      色んな可能性を話し合う頃には緊張もすっかり緩和

       

      橋本事務局長

      坂本さん

      素晴らしい機会をありがとうございました!

       

      一緒に何かをできる時が楽しみ!!

       

       


      出展のお知らせ

      0

        第33回 京都芸術祭 美術部門 国際交流展 に今年も出展します

         

        会期 2019 10/8(火)〜10/13(日) 

            9:00〜17:00(最終日は16:00まで)

         

        会場 京都市美術館別館2F

         

        10/10、10/12、10/13(14:00〜) 在中予定です

         

        ぜひお立ち寄りください!

         


        花押ブーム!?

        0

          最近【花押】の制作や講座の依頼が増えている

           

          ハンコというものが無かった時代に押印の役割として使われていた

          自分の名前を基に作られる【花押】

          〇型か□型が主流の現代の印鑑と違い、そのフォルムは多種多様で唯一無二

           

           

          ある神道の名誉宮司さまから花押のご依頼があった

          なんでも花押はある神社で作ってもらったのを持っているが

          どうしても好きになれないので作り直してほしい、とのこと

           

          2種ご提案し、大変気に入っていただいたのが こちら

           

           

           

          そして昨日は《京都文藝復興倶楽部》の令和元年10月サロンとして花押講座に登壇させていただいた

           

           

          《京都文藝復興倶楽部》とは

          文化や芸術を通して京都の産業を活性化させようと

          京都造形芸術大学を母体として2002年に発足した異業者交流組織

          私もここの会員でメンバーやゲストの方との交流から様々なことを学ばせていただいている

           

          会場は京都造形芸術大学にて

           

           

           

          自分の花押を制作する

          初めてのことに最初は戸惑っておられた方も

          徐々にコツをつかむとどんどん筆が走る

           

          あっという間の1時間半だったが

          これ!という花押が出来た方もあともう少しで出来そうな方も

          「楽しかった」「こんなにおもしろいと思わなかった」と

          花押の魅力を認識していただいたようである

           

           

          心地よい疲れの後は情報交換や話題の尽きない懇親会へ

           

          会場移動の際に見えた夕焼けがとってもキレイ

           

           

           

           

          【花押】の魅力は奥深いものがあり

          それを少しでも伝えることができればと思う

           

           

          そして自分で作るという新たな試みを

          私と一緒に楽しみましょう!

           

           

           

           

           

           


          最後のワークショップ

          0
            スイス→フランス→アイルランド→そして最終滞在地のフィンランドへ


            ここが今夏の書道最終講座


            ヘルシンキの中心地Camppiから徒歩5分のヘルシンキ禅センターでの開催


            毎日地下鉄で通う



            今年の参加者は15名
            禅に関わる方以外は殆どが何らかのアーティスト

            華道や茶道をしている方も多い

            日本では書道はどんどんおざなりになってる気がするがヨーロッパでは興味深々の方が沢山いる


            こちらでの講座は全5回





            この間に上達する方が少しづつ増えるのも毎年とても面白い!


            途中のブレイクタイムでは参加者で禅道の参玄先生が尺八の演奏で疲れを癒してくれる




            基本を徹底的にお稽古してもらった後は
            創作の時間


            今年の課題は【波】





            皆さんなかなかの仕上がり



            ヘルシンキでの集中講座も無事に終わり





            これにて1ヶ月のヨーロッパ滞在も終わりを迎える


            生徒さんはもちろん
            お世話になった方々

            こうして無事に終えられたことに


            感謝!!

            弾丸ツアー2連チャン

            0
              やっと来れたアイルランド

              どうしても死ぬまでに観ておきたい場所があった

              普段はツアーを利用せず自分のタイミングで観光することが多いが、今回は時間がないので最善策としてツアーを申し込んだ



              一つは貸切バスで巡る
              【モハーの断崖とゴールウェイ】

              朝6:40の出発なので念のため5:30にはホテルを出て集合場所に向かう

              大手の会社なのか人気のツアーなのか早朝にもかかわらず人がいっぱい

              大型観光バス3台連ねての出発から
              まず到着したのは4時間後


              アイルランドといえば外せない名所
              【モハーの断崖】
              高い所で200mを越す断崖が8km続く壮大な景観




              残念ながら天候は悪く
              急に土砂降りの雨や突風が海水と共に横殴りの雨を降らせる

              私は折り畳み傘を持っていたけど
              即ひっくり返って役に立たず


              ちゃんと情報収集している人はカッパ持参





              そしてなんて寒いっっっ



              猛暑のヨーロッパと油断して薄着しか用意してなかったので、即現地で上着を購入


              寒さとタイムリミットで納得する観光はできなかったが、その後立ち寄った音楽の町【ドゥーリン】石灰岩の露頭に風や雨の浸食でさまざまな形が刻まれた不思議な造形の【バレン高原】では悪天候からは解放されそれなりに楽しめた








              中世の雰囲気を醸し出す街【ゴールウェイ]





              帰路の車中ではもちろん爆睡
              この日の解散は夜の9時




              そしてもう一つのツアーに参加するために翌朝も5時起床

              前日のツアーがアイルランドの南から西を北上するツアーだったのに対し
              こちらは東から北の果てに列車を乗り継ぎ北上する


              バスに乗り換え[アントリウム]の海岸沿いを走りながら先ず到着したのが
              【キャリック・ア・リード吊り橋】
              という断崖と小さな島を結ぶ20m程の吊り橋






              観るのかと思ってたら
              えーっ?渡るの??

              高所恐怖症なんですけど。。。


              せっかく来たから下を見ずに頑張った!
              少し前に歩く男の子が楽しそうに橋を揺らす

              死ぬぅ〜っっっ

              とビビりながらもせっかく渡ったからと写真も頑張った







              バスはアイルランド北東【コーズウェイ海岸】の地形に沿った道を進む
              カーブだらけ

              よ、酔う〜っっっ

              即効性の酔い止めを飲んで頑張る


              お!ダンルース城





              そしてやっと到着したのは世界遺産
              【ジャイアンツコーズウェイ】




              火山活動で出現した4万もの石柱群が連なる










              六角形の岩

              自然が作り出した景観に圧倒される

              この奇景から巨人が作り出したものという伝説があそうで

              これは巨人が音楽好きで奏でるために岩山に作ったハープらしい




              今でも巨人が演奏する音がたまに聞こえる。。。らしい


              そしてこの日の解散は夜10時半
              2日間でアイルランド一周に近い距離を移動

              同じツアーに日本人は他にいなかったが、みんな一人ぼっちで参加している日本人にとても優しかった



              壮大な自然
              知らない世界での知らない人との交流


              首と腰は疲れ切ってるが
              心はいろんなパワーをいただいた

              アイルランドに来れて良かった!!
              さあ、もうひと頑張り!

              ついにアイルランド!

              0
                最後のバカンス
                念願のアイルランド・ダブリンに到着

                ここからは全くのひとり
                早めにcheckinしたいと連絡しておいたホテルに直行し市内観光へ












                ん〜なるほどなるほど
                これがダブリンか〜

                などと時間を気にしながら市内観光

                というのも今日の最終目的地は事前にチケットを購入しておいたある場所


                そう
                ダブリンといえばギネスビールの本拠地

                行って来ましたー!
                ギネス・ストアハウス



                ギネスビールが作られる工程を様々なパーツから見学できる


                https://www.guinness-storehouse.com/en/ground-floor










                232℃はとても大事

                こんな風に出来るのか〜

                としっかりお勉強した後は
                ちょーーーー出来たてのギネスの味見と



                最上階で飲める生ギネスビール付き











                ギネスビールを満喫したダブリンの1日目

                そしてダブリンのホテルはなんとアイリッシュBARの上

                遅くまで飲んでも安全に帰れるための
                計画的設定!

                たくさんお世話になりました(笑)

                プチバカンス パリ編

                0
                  感動のディジョンからTGVでパリ リヨン駅に到着




                  中1日で移動するので駅の直ぐそばのホテルにチェックインして、即散歩に出かける

                  ほぼ毎年立ち寄るので見慣れた景色だが今年は気になる場所がひとつ…

                  火災にあったノートルダム大聖堂

                  橋の上からその姿を見る





                  今も四方を警察が封鎖しているのでもちろん中には入れないが、出来るだけ近づいてみる




                  中からは何人もの作業員の声、工事の音が聞こえる

                  どうぞ無事に復旧できますように…


                  翌日は雨…
                  遠出をしようかとも思ったが
                  去年長蛇の列で入場を諦めたポンピドゥセンターに行くことに

                  近現代美術の拠点としてとても好きな場所


                  並んではいたが何とか入れそう

                  透明のエスカレーターからパリ市内が一望できるのだが

                  かすかにエッフェル塔の姿もみえるが雨だから仕方ない




                  ゆっくり楽しむ













                  写真を見て黒のものが多いのに気付く
                  職業柄?笑



                  そしてフランス最後の夜はフランスで食べて大好きになった鴨





                  フランスで私とご一緒していただいた皆さん

                  ステキな時間をありがとうございました!

                  そしていよいよ行きたかったアイルランドへ…

                  感動のDijon 2日目

                  0
                    朝食もそこそこに2日目
                    カラフルなモザイク模様の屋根瓦が美しいボーヌの施療院HOTEL DIEUへ





                    真っ赤っかの病室は日本の病院とは全く違う印象
                    日本語の解説もあり違った面から歴史を知るのにはとても良い!


                    そしてここからはディジョンの美食巡り

                    ディジョンといえば
                    マスタード・エスカルゴ・そしてワイン

                    マスタードも様々な味があってまるでジャムのよう




                    昼食には名物のエスカルゴ!




                    そして
                    ブルゴーニュのワイン街道

                    見渡す限りのワイン畑



                    今年の葡萄は出来が良いらしい




                    ということは2019年のワインは旨い可能性大!
                    楽しみ〜


                    ただ、この日は8月15日
                    フランスは聖母昇天祭で国民的な祭日
                    どこのワイン農家も閉まってる

                    が、なんと一軒だけ開いていて
                    念願のCAVEへ


                    いわゆる蔵元では試飲をして買うのが常

                    赤、白合わせて7〜8種味見
                    お〜さすがブルゴーニュワイン



                    実はこの日は私の誕生日

                    ここで買ったワインとバースデーケーキで夜は祝っていただいた

                    感動と感謝のディジョン



                    最終3日目は皆それぞれの帰路につき
                    私はパリへ

                    感動のDijon 1日目

                    0
                      書道合宿を終え皆で移動したのが
                      歴史と芸術、グルメの街【Dijon】
                      ここで2泊3日のプチバカンスがスタート!

                      絶対訪れたかった街

                      着いた直ぐから時間を惜しむかの如く観光

                      ディジョンは歴史的建造物があることでも知られているが、特にノートルダム大聖堂は美しいゴシック様式の建築



                      これ全て石の彫刻
                      中世の時代にどうして造ったんだろう
                      驚愕のため息


                      そして中世らしい半木造最古の建物



                      粘ったが動かないおじさんとともに…

                      そして左手で触ると幸運をもたらすとされる彫刻
                      ラ・シュェット(フクロウ)

                      案外高い位置にあってチビの私は目一杯背伸びして必死に触り皆に失笑を買う



                      他にも美術館や教会、市庁舎や様々な塔など魅力満載の街を満喫!



                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                              

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others