Stage de Shodo 2er

0
    5日間の集中講座が無事に終了!

    参加の方は合気道と書道と身の回りの荷物を持って帰路に着く

    皆さん お疲れ様でした!




    その翌日から次の7日間の集中講座が始まった
    合計12日間のぶっ通し…


    だがぶっ通しなのは私だけではない
    1er参加者のうち4人がぶっ通しで2erも受講する

    最初の5日間は朝のみ合気道、午後書道
    次の7日間は朝夜合気道、午後書道

    めちゃハード!
    私よりもハード!!


    苦しい事が分かっていてこれが出来るのは自分を甘やかさない人
    感服です!!!

    そんな2erもあと4日
    頑張りましょう!



    そんな中ある生徒さんから
    作品の揮毫をお願いされた

    光が届くように教えが精神や身体に伝授されていく
    そんな意味合いの言葉を…



    ん〜 なかなか難しいお題

    禅語、熟語、漢詩…色々探すけどコレ!というものが見当たらない


    どうしようか。。。と考えあぐねていたところ
    ふとある事が浮かんだ


    それは12年前
    私の師 田中心外先生が他界され
    これから書とどう向き合えば良いのか私自身が迷っていた時のこと



    [自燈明法燈明]
    この言葉にたどり着いた


    http://www.jyofukuji.com/10zengo/2011/01.htm


    私は「今まで先生に教えてもらったことは既に私の中にある
    私はその教えと更なる書の探求を信念に生きる」
    と自分なりに解釈し先生が亡くなって初めての作品としてこの言葉を揮毫した


    この作品は現在鞍馬寺に所蔵されている

    そしてフランスで二度目の揮毫



    それぞれが欲する拠り所に合う言葉をその人の為に揮毫する


    私が書を通じてできる事のひとつ


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others