花押ブーム!?

0

    最近【花押】の制作や講座の依頼が増えている

     

    ハンコというものが無かった時代に押印の役割として使われていた

    自分の名前を基に作られる【花押】

    〇型か□型が主流の現代の印鑑と違い、そのフォルムは多種多様で唯一無二

     

     

    ある神道の名誉宮司さまから花押のご依頼があった

    なんでも花押はある神社で作ってもらったのを持っているが

    どうしても好きになれないので作り直してほしい、とのこと

     

    2種ご提案し、大変気に入っていただいたのが こちら

     

     

     

    そして昨日は《京都文藝復興倶楽部》の令和元年10月サロンとして花押講座に登壇させていただいた

     

     

    《京都文藝復興倶楽部》とは

    文化や芸術を通して京都の産業を活性化させようと

    京都造形芸術大学を母体として2002年に発足した異業者交流組織

    私もここの会員でメンバーやゲストの方との交流から様々なことを学ばせていただいている

     

    会場は京都造形芸術大学にて

     

     

     

    自分の花押を制作する

    初めてのことに最初は戸惑っておられた方も

    徐々にコツをつかむとどんどん筆が走る

     

    あっという間の1時間半だったが

    これ!という花押が出来た方もあともう少しで出来そうな方も

    「楽しかった」「こんなにおもしろいと思わなかった」と

    花押の魅力を認識していただいたようである

     

     

    心地よい疲れの後は情報交換や話題の尽きない懇親会へ

     

    会場移動の際に見えた夕焼けがとってもキレイ

     

     

     

     

    【花押】の魅力は奥深いものがあり

    それを少しでも伝えることができればと思う

     

     

    そして自分で作るという新たな試みを

    私と一緒に楽しみましょう!

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others