備忘録【インド】編

0

    毎年仕事でフランスとフィンランドへ訪れる際に

    足を延ばせる範囲で近隣国を訪れている

     

    去年は大型客船でエストニアに渡ったり

    今年はアイルランドに上陸した

     

    といってもまだ行けていないヨーロッパ諸国はたくさんあり

    世界各国でも行ったことのない国がたくさんたくさん…

     

    インドもその一つだったが

    有り難いことにお仕事の機会をいただき昨年12月に初めて訪れることができた

     

     

    相変わらずブログ無精のため1年後の今になっての備忘録(笑)

     

     

     

    インド・コルカタ空港に到着したのは2018年12月17日

    季節は一応「冬」ということだが20℃越え

    京都の冷え込みを知ってるとこの気温は初夏くらいだが

    みなさんまあまあ着込んでる

     

     

     

    夏は50℃を超えるそうなのでこれくらいでも寒いらしい

    街中にはダウンジャケットを着ている人も…(^^;)

     

     

    コルカタでは大学での5日間の書道集中講座を受け持った

    大学生以外に希望の一般市民も参加できたので

    下は8歳〜上は70歳までのさまざまな年代が揃う

     

     

     

    大学内の机は日本の机と形状が違いあまり書道には向かなく…

    苦肉の策がこのスタイル

     

    でも参加者は日本文化にとても興味が高く

    初めての書道にすごい集中力!

     

    8歳ですでに5か国語を操る男の子は

    大人顔負けの習得の速さ

     

     

     

     

    「来年もきてくれますか?」と参加者の皆さん

    今年は行けなくてごめんなさい…

     

     

     

     

     

    昼に大学で授業をしながら夜には2度のパフォーマンス

    最初は在コルカタ日本国総領事館にて

     

     

     

    掛軸3本には

     

    一二三三二一

    和敬清寂

     

    そして和紙には金字の寿と

    インド綿にはオーム(聖音)を

     

     

     

     

     

    夛賀総領事には何かとお世話になり感謝しきれない(写真・右)

     

     

     

     

    そして岡倉天心ゆかりの印日文化センター[岡倉バワン]

     

    こちらではインドの新聞に広告が掲載

     

     

     

     

     

    クリスマスのイルミネーションに飾られた岡倉バワン

     

     

     

     

     

     

    こちらでも掛軸3本と和紙とインド綿に揮毫

     

     

     

     

     

     

     

    インド綿には「平和」を日本語とベンガル語で揮毫

     

     

     

     

     

     

     

     

    平和と書いたインド綿は岡倉バワンに永久保存されることになり

    たくさんの方にお集まりいただいたパフォーマンスも無事終了

     

     

    そして今回インド渡航を利用して足を延ばしたのはシンガポール

    10時間のトランジットの間に市内観光

     

     

    インドに行くと人生観が変わるとよく耳にするが

     

    インドに行って変わったか?と聞かれると

    正直インドの日常に溶け込んだわけでないのでそれほどの変化はないように思う

     

    ただ生活様式が全く違い

    普段はなんて痒い所に手が届きすぎる生活をしているんだろう

     

    そこは大いに感じる部分

     

     

     

     

     

    コルカタにやってきた日本の書道家のニュースは

    インド大手の新聞とwebニュースに掲載していただいた

     

     

     

     

     

    インドの有り難い経験は私の書道人生の財産

     

    いつかまたインドにいければいいなと去年を懐かしく思う

    2019年師走 年の瀬…

     

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    archives

    recent comment

            

    links

    profile

    search this site.

    others