あの大学の付属高校が開校!!!

0

    作家やアーティストなどを続々輩出している

    あの京都造形大学が付属高校を開校されました!

     

    【京都造形芸術大学付属高等学校】

     

    コンセプトは

     

    自分を、つくる。

    ともに、つくる。

     

    先日入学式が行われたそうで

     

    新たな学生さんには

    希望に満ち溢れたキャンパスライフを送っていただきたいと願います

     

    https://shs.kyoto-art.ac.jp

     

     

    ご依頼をいただき揮毫させていただきました

    晴れの日に携われたことに感謝です!

     

     


    第39回 墨心書芸展

    0

      平成最後の【墨心書芸展】が始まりました!

      私、小筆凰外が主宰する書道会【墨心書芸】の毎年恒例の展覧会です

       

      開催回数がカウントされるようになって今回で39回展

      私が亡き師匠から引き継いで12回目の開催です

       

      墨心書芸の本部道場は鞍馬寺の傘下にあり

      修養道場内にお教室を構えています

       

      鞍馬寺には様々な祭事がありますが

      毎年桜の咲くこの時期の風物詩【 花供養 】に慶讃し

      修養道場で開講する書道・茶道・華道・水墨画の展示を行います

       

      修養道場は普段一般公開されていませんが

      この花供養の展覧会期間だけどなたでもお入りいただけます

       

      うらうらとのどかな春の鞍馬を

      清新の氣の満ちるお山を

      展示と共にお楽しみください

       

      会期 平成31年 4月 7日(日) 〜 4月 21日(日) 午前10時〜午後4時

      場所 鞍馬寺修養道場(鞍馬寺仁王門手前左側 観喜院)

      料金 無料です(鞍馬寺へのお参りは仁王門にて愛山費300円が必要です)

       

       

       

       

      会場内の風景

       

       

       


      2018年備忘録【サプライズ・パフォーマンス】編

      0

        10月24日

        この日に誕生日を迎える友人のために

        毎年【誕生日会という名の飲み会】を開催している

         

        比叡山延暦寺 今出川行戒 氏

         

        高僧で人徳あり人脈ありユーモアありセンスあり気遣いあり歌唱力あり・・・

        こんな今出川氏の周りにはたくさんの人が集まるのである

         

         

        そして2018年11月10日  於:白沙村荘橋本関雪記念館

        会は決行 150人超の参加者

        和気藹々とした雰囲気での開宴

         

        だが今回は参加者には知らされていない極秘事項が

        水面下でうごめいていたのである

         

        高さ2m幅4mの真っ白いキャンバス

        その陰に潜む絵師・諌山宝樹さんと 私・・・

         

         

         

        いよいよ司会者からスペシャルゲストが来ていると告げられ

        参加者が一斉に見つめる

        その視線の先には・・・

         

         

        そう、あのハードロックバンド

        【EARTHSHAKER】のヴォーカル【MARCY】さん 登場!

         

        そして、どよめきと歓声が入り混じるなかサプライズ・ライブが開演・・・

         

        親交のある今出川氏のために3曲を熱唱するMARCYさん

        そのバックでキャンバスに描く諌山さん

        そして書く私

         

         

         

         

        これがサプライズ・パフォーマンス

        ロックと伝統芸道の【異色コラボレーション】

         

         

        MARCYさんの声もリズムも心地よくて

        熱唱された曲のひとつ『GAREGE』の歌詞を書きながら

        誰よりも一番楽しんでしまったかも

        そう思うくらい ホントに楽しかった

         

         

         

         

        アースシェイカー西田昌史が書道&絵画と異色コラボ 

        他、メディアにも取り上げていただいた

         

        また、ラジオ関西『時間ですよ、古田編集長』で組まれた

        特番『書道家・小筆凰外』でもMARCYさんのインタビューとともに放送

         

         

        こんな機会をいただき本当に嬉しく

        とっても楽しませていただいた

         

        打合せや準備・設営など大変お世話になった関係者の方々

        そしてご縁をつないでくれた今出川氏に感謝!

         

         

         

         

        最後は記念撮影

        今出川氏ご本人と

        今出川氏と親交があり毎年参加の格闘家・佐竹雅昭氏も加わって…

         

         

        あ〜 楽しかった!!!

         


        2018年備忘録【パフォーマンス】編

        0

          ということで…

           

          筆はまめなんですが ブログ無精のため

          2018年の活動記録を備忘録として今ごろ書いております(^^;)

           

           

           

          今回は【パフォーマンス】編

           

           

          4月にロンドンの日本食を扱う食品マーケットさんから

          店内で放映する日本のイメージ映像の撮影依頼

          【喫茶去】揮毫パフォーマンス

           

           

          ま、言わなければ誰だかさっぱりわからない感じですが(笑)

           

           

           

           

           

           

           

          7月 初『日本ガイシホール』in 名古屋

           

          【武神KARATE ALL JAPAN CUP 2018】でのオープニング

           

           

           

           

          私のパフォーマンスの次は

          バブルガム・ブラザーズ ブラザー・コーンさんの登場

           

          あのミリオンセラー『WON'T BE LONG』熱唱で会場はノリノリ〜♪

           

           

           

          お互い頑張りましょう!と楽屋で気合の一枚

           

           

          ちなみに自前の袴に書いてあるのは「精神一到」と「克己(己に勝つ)」

          パフォーマンスに大切な精神のモチベーションです

           

           

           

           

           

          そして夏は毎年恒例ヨーロッパでの書道講座へ

           

          その中のひとつ

          フランスの合気道本部道場での指導

           

          最終日には世界各国から集まった合気道家に

          パフォーマンスを通じて『氣』を披露 

           

           

           

           

          御礼に演武をご披露いただく

          武道と芸道、カタチは違えど『氣』の在り方は同じ

           

          互いに得るものは多い

           

           

           

           

           

          毎年ポスターをデザインさせていただいてる【ピンクリボン】

           

           

          毎年芸能人や著名人の方の乳がんが公表され

          また近しい方が発病されたり。。。

           

          とても悲しくつらい思いをされる方が

          少しでも減ってくれることを切に願って

           

           

          京都タワー点灯イベント

           

          京都タワーがピンクリボンのカラーに染まり

          京都の街をあげてピンクリボンの活動を応援

           

           

           

           

           

          10月にはピンクリボンのスタンプラリーが開催され

          2018年はなんと1千人越えの参加者

           

          出発の高台寺 霊山観音前にてのオープニングで

          毎年トップバッターとしてパフォーマンス

           

           

           

          BGMにはグレイテスト・ショーマンの曲中歌 『This Is Me』 を選曲

           

          早期発見、早期治療で治る確率の高い乳がん

          検診を当たり前と認識し受診することで

          ひとりでも乳がんで苦しむ人を減らしたい

           

          そして健康を維持し「これが私!」と自身の人生を謳歌する女性が

          ひとりでも増えること。。。

           

          心から願います!!

           

           

           

          12月のインドでのパフォーマンスは2018年【インド】編にて

          次は2018年備忘録【サプライズ・パフォーマンス】編です。

           

           

           

           

           

           

           


          墨心書芸 書道塾 合同体験会 参加のご案内

          0

            書道はじめてみませんか?
            〜平成最後の墨心書芸書道塾合同体験会〜

            目まぐるしい時代の変化で文字を書くことが少なくなっている今・・・
            字にコンプレックスがあったり漢字を忘れる事の多い今・・・
            そして多忙な日常に心身ともに疲労がたまりやすい今・・・
            だからこそ、書道をはじめてみませんか?
            墨の香りにつつまれ集中して文字を書くことは精神的な落ち着きをもたらします。
            正しい姿勢で丁寧に文字を書くことは脳の活性化につながり良い刺激をもたらします。
            学ぶ意欲を持つことは知識の向上と自分と向き合う心のゆとりをもたらします。
            きれいな字を書きたい、子どもに行儀や集中力を身に付けさせたい、人前で名前を躊躇せず書きたい
            芸術アートとして書作品を作ってみたい、日常書を学びたい、書の指導者や書く仕事をしたい、など
            墨心書芸の書道塾には様々な目的の老若男女が集います。
            お子様の春からのお稽古ごとに、たしなみや趣味として、又は本格的に書道を楽しんでみませんか?
            どうぞお気軽に体験にお越しください。

            日時:平成31年3月30日(土)
            ■10:00〜10:45 ■11:00〜11:45 ■13:00〜13:45
            ■14:00〜14:45 ■15:00〜15:45

            会場:西賀茂会館1F和室

            京都市北区西賀茂神光院町118 (市バス神光院前下車スグ)

            アクセス:市バス1・9・37系統 神光院前下車すぐ
            お車の方は申し込みの際にお知らせください(ガレージあり)

            地図はこちら

            定員: 各回6名まで(先着順)

            対象:年中〜一般

            費用:1,000円(道具はすべてこちらで用意します)
            申込:■氏名(中学生までは年齢又は学年必須)■連絡先■希望時間を明記し

            お問合せメール info@ougai-kofude.kyoto.jp
            FAX 075-712-3848
            お問合せフォーム http//ougai-kofude.kyoto.jp
            にて3月23日までにお申し込みください。
            満席になり次第順次締め切らせていただきます

            指導 小筆凰外 書道師範
            墨心書芸主宰
            東邦書藝院審査理事
            京都書道連盟常務理事
            日本ペンクラブ会員
            国際文字文化検定委員

            墨心書芸について
            書道家小筆凰外が主宰する書道塾で現在京都市内4か所、海外3か所にて開講
            ■本部道場・・・鞍馬寺修養道場(左京区鞍馬) ㈰9:30〜12:00、㈪16:00〜18:30
            ■西賀茂道場・・・西賀茂会館(北区西賀茂) ㈬14:00〜18:30
            ■浄土寺道場・・・坪田工房(左京区浄土寺) ㈮10:00〜12:00
            ■衣笠道場・・・衣笠福祉会館(北区衣笠) *衣笠道場については現在募集はしておりません

            書道塾(お稽古)について
            月1回〜4回までご希望の時間帯・場所にて受講いただけます(衣笠を除く)
            *手ぶらでお稽古(持ち物一切なし)もあります(別途料金¥500/1回)
            【高校生〜一般】
            月謝 月1回3,000円、 月2回5,500円、 月3回7,500円、 月4回9,000円
            【年中〜中学生】
            月謝 月1回1,500円、 月2回2,500円、 月3回3,000円、 月4回4,000円


            藝文京茶会

            0

              2019年2月10日

              京都芸術センターにて開催された

               

              京都市

              公益財団法人京都市芸術文化協会 主催の

               

              【 藝文京茶会 】  

               

               

              開催中【藝文京展EX〜つなぐ〜】の中での一味違った展示で

              伝統的な茶道を通じて現代作家の作品と出逢う

               

              とてもオモシロい企画

               

              コーディネート: 裏千家国際部 マイケル・ハーディ 氏

               

               

               

               

               

               

              作家のひとりとしてお床の書作品を出品

               

               

               

               

              茶会の中に作家も同席させていただき

              自分の作品が使われるときに作品説明を兼ねた作家の想いを伝える・・・

               

               

              今回のお床の作品は【 つなぐ 】

              3色の墨色と3種の運筆で平仮名のつなぐを揮毫

               

              私が大切に思う【 つなぐ 】は

              【縁】【文化】【芸術】

               

              紙面上で墨線が途切れることのないよう

              それが時間や人を越えて未来へつながっていくよう

               

              そんな想いを込めて

               

               

               

              同席させていただいた作家さん

              菓子   給田麻那美さん

              菓子器  三木啓樂 さん

                   山崎純子 さん

              風炉先  島田昌夫 さん

              長板   葛本康彰 さん

               

               

               

               

              4回の茶席はどの回も満席

               

              お越しいただいた皆さま

              そしてお世話いただいた京都芸術センターの皆さま

              マイケル・ハーディ氏はじめご一緒させていただいた作家の皆さま

               

              この藝文京茶会によりつながった

              ご縁、文化、芸術に感謝します

               

               

               


              立春大吉

              0

                2019年2月3日は平成最後の節分


                私は京都の豆まきの由来と伝承される
                地元鞍馬寺の[節分追儺式]へ


                平安時代 宮中で行われた「追儺」を忠実に象った儀式


                信樂香爾 執行 様の法要が厳かに行われたのちには




                桃の弓で葦の矢を射て目に見えぬ無形の鬼を追う儀式


                この矢を受けると厄払いになるので、静寂な式もこの時ばかりは毎年ザワつきます



                皆さんもそれぞれの節分を過ごされたことでしょう

                でも、ここで終わっていませんか?


                季節の区切りと年越しの日としての節分を終えたら

                その翌日は【 立春 】

                春を迎え新しい一年の始まりです


                節分で厄払いをしたら
                新しい年が平穏無事な良き一年であるように願って


                【 立春大吉 】という言葉を掲げると良いそうです


                お札をもらった方はそれを

                もらってない方は自分で書いてお札を作り
                それを貼るとよいそうです




                私も自作のお札を貼りました!





                立春の詳しいお話はこちらを参考に

                https://sk-imedia.com/rissyun-4818.html

                 


                新たな年が皆さまにとって良き一年となりますように!!

                 

                 

                そして 野々宮ちよ先生

                いつもいろんなことをご教示いただき感謝です‼


                2018年備忘録【展覧会】編

                0

                  書道家 として活動していくのに欠かせない 《展覧会》

                  作品をご覧いただくというのはもちろんですが

                   

                  そこで出会う人

                   

                  拝聴するお話

                   

                  その他のすべても私の気力の源になっています

                   

                  足をお運びいただいた方々にはこの場をお借りして改めて御禮申し上げます

                  そしてご案内が行き届かずご覧いただけなかった方…ホントにごめんなさい

                   

                   

                   

                   

                  《2018年 展覧会》

                   

                  4月8日〜4月22日《墨心書芸展》 於:鞍馬寺修養道場

                   

                  私の主宰する墨心書芸書道教室に集う方々の合同展です

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  4月27日〜4月29日《辛酉会書展》 於:京都文化博物館

                   

                  辛酉会は約30人の会員による個展の集合体

                  2018年は7mの壁面を一人が担当し私は4点出品

                  作品はその一部「器以上のものは入らん」

                   

                   

                   

                   

                  9月8日〜9月15日《中国陜西・日本京都書画合同展》 於:中国陜西省

                   

                  会場には伺えませんでしたが作品「至大」

                   

                   

                   

                   

                   

                  9月15日〜9月16日《東邦書藝院展》 於:京都教育文化センター

                   

                  検定の審査理事にも就任していますが歴史の古い会です

                  写真は作品のひとつ「遊~自然とたわむれる~」

                   

                   

                   

                  9月26日〜9月30日 《京都書道連盟展》 於:京都市美術館別館

                   

                  66回目とこちらも歴史ある展覧会

                  作品は9月4日の台風21号で大きな被害を被った地域の一日も早い復興を願って「復興」

                  鞍馬地区も4日間の停電に50日近く運休の電車

                  倒木や損壊で閉鎖された鞍馬寺など今もまだ被害が残ったままです

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  10月26日〜10月31日 《京都芸術祭 国際交流総合展》 於:平安神宮 額殿

                   

                  ジャンルを超えた国内外の作家による作品展

                  書の部2名に選抜いただき白無垢に「源氏物語」を揮毫しました

                   

                   

                   

                   

                   

                  12月1日〜12月7日《伝統美術工芸展 匠の技と美》 於: 東京日本橋 ギャラリー京・型・絵 伊砂

                   

                  「芸術の融合」をテーマに京都を拠点に活動している檜の会が東京支部を開設した記念作品展

                  染色・工芸・漆芸など多様なジャンルのみなさんと共に出品した「笑」

                   

                   

                   

                  展覧会編はこれにて終了

                   

                  次回は2018年備忘録【パフォーマンス】編です


                  あっという間に2019年!

                  0

                     

                    平成31年己亥 ということで平成最後の良き新春を

                    お迎えになられたこととお慶び申し上げます。

                     

                    賀詞の【寿】はお目出度い意以外に「いのちながし」とも読みます。

                    この2019年が皆さまにとって健康で幸多き一年になりますように‼

                     

                    31年続いた平成も残り4か月のカウントダウンが始まりました。

                    2019年5月からは新たな年号でのスタートです。

                    何になるんでしょうね〜⁉

                    刻々と世間は動いているのに私のブログは昨年5月から止まったまま…

                    今年はもう少しマメに投稿せねば、と肝に銘じております(^^;)

                     

                    ということで、昨年投稿できていなかった活動を

                    自身の記憶喪失を防ぐためにも《備忘録》としてまずは整理したいと思います。

                     

                    しばらくお付き合いのほどをよろしゅうおたの申します‼

                     

                     


                    唐招提寺 うちわ奉納

                    0
                      5月19日 唐招提寺【中興忌梵網会】と【うちわまき会式】を参詣させていただいた

                      鎌倉時代に戒律復興運動を推進した指導者の一人で唐招提寺中興の祖・大悲菩薩覚盛上人の御遺徳を偲び
                      命日の5月19日に法要と舞楽奉納が行われる



                      また、ある時修行中であった大悲菩薩覚盛上人が蚊に刺されているのを見て、それを叩こうとした弟子に「自分の血を与えるのも菩薩行である」と戒めた故事にちなみ、その戒行清廉なる徳をたたえ上人が亡くなられた時に「せめてうちわで蚊を払って差し上げよう」とうちわをお供えされたことが由来の【うちわまき会式】もあり、1500本のうちわを求めて多くの人が押し寄せていた






                      まかれるうちわ


                      このうちわを授かると病魔退散や魔除けのご利益があるそうで、私もしっかりゲット!


                      うちわまき会式には各界の著名な方やご縁のある方が御揮毫されたうちわが大悲菩薩御宝前に奉納される


                      今年、有り難い事にご依頼をいただき私もうちわを奉納させていただいた

                      赤で書いたのは「慈悲」その下に「merciful」それを「心」で大きく囲んだデザイン
                      慈悲と忍辱の道に徹せられた上人へ敬意を表して…



                      私の揮毫させていただいたうちわは、奈良県庁から唐招提寺に戻り、この儀式で奉献されたのち百雙屏風に仕立てられ唐招提寺寺宝として末永く保存されるとのこと

                      ご縁を繋いでいただき、当日も過分なおもてなしをいただいた唐招提寺 松浦執事さまに感謝申し上げます

                      そして当日ご一緒させていただいた素敵な方々にも感謝です!


                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                              

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others