ご挨拶

0

     

    ここ数日は寒さも少し緩んでいますが来週はまた寒波到来とか・・・

    インフルエンザも流行しているようですので皆さまどうぞご自愛ください。

     

    最近は筆離れ・手紙離れと言われていますが年賀状は出されましたか?

    2018年の年賀はがき総発行数は29憶6526万7000枚だそうです。

    確かに2017年より2億枚ほど減少しています。ちなみにピークは2003年の44億5936万枚・・・すごっ( ゚Д゚)

    このまま減少し続けるのかと思うとなんだか寂しいですね・・・

     

    私は毎年増えていますよ、2億減をカバーできるほどではありませんが(;´∀`)

     

    でも今年は喪中のためお送りしませんでした。

    ですのでこの『寒中お見舞い』が新年のご挨拶になります。

     

     

    では寒中見舞いについての豆知識を・・・

     

    寒中の字のごとく寒の入り(1月5日、6日ごろ)から寒明け(2月4日ごろ)の期間中に相手を見舞うこと。

    ハガキでも手紙でも構いません。決まった形は特にないようです。

    そして正月を過ぎた年賀状の返信(京都の松の内は15日まで)や

    喪中で年賀状を出さなかった方への挨拶状としても使えます。

     

     

    ということで 今年もどうぞよろしくお願いします!

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    0


      車を降りた途端の一呼吸でそれは私の身体を一瞬で駆け巡る・・・



      鞍馬寺の仁王門左手にある大きなキンモクセイが無数のツボミを膨らましていた





      「香」鼻で感じるニオイについて広く用いる
      「薫」風がはこぶニオイや漂う雰囲気について、また、徳の力で善に導く、感化する意味にも用いる


      私にとってキンモクセイは「薫」、そしてある人を、あの時を思い出す


      2007年10月6日


      いままで生きてきた中で身体は生きてても心が死んだも同然の時が二度ある・・・その二度目の時


      あれからもうすぐ十年・・・



      私にとって書くことは、そこから起き上がれた事への恩返しでもある



      一筆入魂

      2017年ピンクリボン京都

      0


        2017年【ピンクリボン京都】ポスターができました!
        【ピンクリボン京都】
        乳がんの早期発見、早期治療のために検診の大切さをさまざまな活動を通じて京都から発信されています!

        そのポスターを2015年よりデザインさせていただいておりまして…

        今年は《結》

        2種の結を重ね解けることのないように二重結びを表現しました。


        『すべての女性の胸に、明るい未来が《結》ばれることを信じて』

        冒頭のお写真は
        京都造形芸術大学学長 尾池 和夫 先生
        http://www.kyoto-art.ac.jp/

        京うちわの老舗 小丸屋住井 十代目女将 住井啓子 様
        http://www.komaruya.kyoto.jp/




        京都造形芸術大学 大野木啓人副学長
        大学内にだけでなく、副学長室にもポスターを貼ってくださってます♪




        京都万華鏡ミュージアム 様
        http://www.k-kaleido.org/




        a 企画 代表 黒岩 馨 様
        http://www.kackeyadbt.wixsite.com/a-kikaku


        京都古梅園 様
        http://www.kobaien.jp/kyoto


        MIギャラリー 三通治子 様
        http://migallery-jp.com/


        サロン・ド・ルミニョン 金澤宏美 様



        いつも応援いただきありがとうございます!


        街中でポスターを見かけたら、家族や友達やあなたにとって大切な女性の笑顔を思い出してみてください…

        『いっしょに笑っていたいから検診を』

        長月

        0
          9月になりましたね!




          9月の和様の異名は【 長月 】唐様では【菊月・玄月・貫月…】などとも呼ばれます。
          【 長月 】は 夜長月 の意味とも言われ、秋が深まるにつれ夜が長くなっていきますね…

          夏の疲れがまだ残るこの時期、夜長を有効に使って自分自身を癒してあげましょう。

          【 読書の秋 】なんかどうですか?
          読書から生きるヒントはもちろん、書で表現したい文言や題材探しにも私は活用させてもらってます。

          ところで「伝え方が9割」というコピーライター佐々木圭一さんの著書をご存知ですか?
          相手に何かを伝えたときに、相手の感情の是非が変わる…簡単に要約すればそのノウハウや発想の転換を教えてくれる本で、プライベートにも商業的にも読む価値の高い内容ですよ!

          例えば、好きな人に『デートしてください』と挑むより『美味しいお店を見つけたから一緒に行きませんか?』と伝える事でイエスの確率が上がる…


          興味のある方は是非参考に!
          自分のために時間を使ってあげるのもイイものですよ…自身を磨いて 心 咲かせましょ!

          ようこそ!

          0
            Ougai Kofude weblog [心 咲かせま書] へようこそ! 書道家 小筆凰外と申します。

            心のゆとり・・・皆さんは持ててますか?

            現代社会、時間に追われ心身共に疲れ、ストレスを抱えている方も少なくないでしょう..・・・ 体の疲れには栄養剤やサプリメントや何かと対応出来るものがありますが、「心の疲れにどうぞ??」と記したものはなかなか見当たりませんよね・・・
            心が疲れたな・・渇いたな・・という時に、ちょっとひと息ついてもらえるような空間を、書を通して作っていきたい・・・そんなブログです。
            どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



            【 小筆凰外 プロフィール 】

            5歳より京都の著名な書道家 安井吾心 師に、7歳より国内外で活躍した書道家・現代美術家 田中心外 師に基礎から造形・アートまで徹底した指導を受ける
            現在、墨心書芸を主宰し京都・鞍馬を拠点にフランス、フィンランドでも書道の指導にあたるほか、国内外での個展、グループ展、ワークショップ、パフォーマンスなどを通じて書道文化の発展に勤しむ
            墨線にいのちを吹き込み、躍動感ある造形で文字や言葉が本来持っている言霊を最大限に表現し、伝え続ける・・・


            selected entries

            archives

            recent comment

                    

            links

            profile

            search this site.

            others